トップページ > 抹消登録手続きの流れ

抹消登録手続きの流れ

永久抹消登録の手続きは、車体の審査や検査は必要ないので、解体業者を探して車両を処分してもらいます。その際費用がかかり、自動車リサイクル料金を払う必要があります。その時に交付される証明書は大切に保管しておかなくてはなりません。そして同時に通知される移動報告番号、解体報告記録についても、永久抹消登録の書類手続きの時に必要なので、しっかりメモしておく必要があります。

こうした流れで解体され、永久抹消登録の書類提出に必要なナンバープレートのみが返却されます。その後必要な書類を用意し、車検証とナンバープレート、印鑑証明書などを陸運局に持参します。陸運局から抹消登録証明書が交付されれば、永久抹消登録の手続きが終わります。一時抹消登録では、車両の処分が必要なく解体作業はありません。

一時抹消登録は、必要書類である実印、車検証、ナンバープレートを準備します。そしてナンバープレートを取り外して住所地を管轄する陸運局へ持っていきます。そして窓口で一時抹消登録手続きを行い、ナンバープレートを返却します。次に陸運局で購入した書類にサンプルを参照しながら必要事項を記入していきます。一時抹消登録では、350円の印紙を貼付しなければなりません。手数料の印紙は陸運局内で購入できます。手数料の印紙を貼付したら窓口へ書類を提出します。そうすると一時抹消登録証明書が交付されます。この証明書は再度、自動車を使用する場合、要するに再登録の時に必要なので大切に保管しておきましょう。最後に自動車税に関する手続きを自動車税事務所で行います。

関連エントリー
永久抹消登録について
一時抹消登録について
抹消登録に必要な書類
抹消登録手続きの流れ