トップページ > 廃車の所有権について

廃車の所有権について

廃車の手続きをする場合、最も大切なことと言えば所有権でしょう。所有権については、自動車の所有者はしっかりと確認しておかなければなりません。それはなぜかと言うと、廃車というのは、所有者自身しかできない行為だからです。要するに車両を廃車にするかどうかというのは、所有者以外は決められないのです。言い方を変えれば、所有者の意思なくして廃車になることはまずありません。

廃車の手続きをする際には、自動車の所有権をしっかりと確認して、所有権が自分にあるかどうかを調べる必要があります。車検証を確認すれば、自動車の所有権を確かめることができます。車検証に記載されている名前が自分の名前であれば所有権は自分にあり、車検証に記載されている名前が自分以外の名前ならば、所有権は自分にはないということになります。

自動車をローンで購入した場合など、所有者がローン会社になっている場合があるので気をつけなければなりません。このケースの場合、廃車にする際には手続きが二重に必要になることになります。所有権解除のための書類をまず用意し、そして所有権を解除することができたら廃車の処理を行ないます。書類が所有権の解除のためにはどうしても必要になります。どんな資料が必要かについては、自動車の販売会社やローン会社に確認しておくとよいでしょう。所有権は必要な書類が揃えば可能ですが面倒なので、可能ならば廃車を行う前にあらかじめ所有権を自分のものにしておくのが賢明です。

関連エントリー
廃車とは
廃車に要する費用
リサイクル法とは
廃車手続きの場所
廃車の所有権について
自動車再登録とは