トップページ > リサイクル法とは

リサイクル法とは

廃車にする時に注意しなければならないこととして、平成17年2月1日以前に車検を通った人について、廃車の際には車両の解体費用及びパーツの下取り料金以外に、リサイクル料金を支払わなければならないのです。それ以降に車検を通った人については、既に車検時に支払っていることから、廃車時には支払う必要がないのです。要するに平成17年2月以降からは、リサイクル料金を支払っていないと車検を受けることができないのです。

廃車のリサイクル料金と密接に関わってくるのが自動車リサイクル法です。廃車にする車の再利用が、自動車リサイクル法の目的になります。要するに自動車リサイクル法の制定は、再利用できる部分を最大限利用することで、廃車として解体する際のゴミを極力減らすことです。

自動車の所有者は、フロンガスの処理やエアバッグ類の処理、そして解体後のゴミ処理のためにリサイクル料金を支払います。そのことから、解体しない場合は支払ったリサイクル料金は一旦返金されることになります。またリサイクル料金は、業者に中古車として買い取ってもらう時や海外で継続して車を使用する場合などは、払った後で返金されます。リサイクル料金の価格はどのくらいなのでしょうか。廃車の際のリサイクル料金は、普通7000円から1万8000円程度のようです。この料金の差は、自動車の大きさによって変わり、小型自動車の場合なら7000円から、普通乗用車は1万円からのリサイクル料金になります。

関連エントリー
廃車とは
廃車に要する費用
リサイクル法とは
廃車手続きの場所
廃車の所有権について
自動車再登録とは