トップページ > 一時抹消登録について

一時抹消登録について


廃車の手続きで、永久抹消登録とは異なる、一時的に使用できない状態に、あるいはしない状態にする方法の廃車の形を一時抹消登録と言います。一時抹消登録の存在意義は、壊れてもいないのに抹消登録をしなければならないのか、と言う疑問に応える廃車の形と言ってもいいかもしれません。一時抹消登録の場合、永久抹消登録と違い、再登録ができるので、車両を解体する必要がないのです。長期の海外出張や入院などで車が使用できない場合に、一時抹消登録で廃車にすることが多いのです。そして必要な書類をきちんと用意すれば、日本国内で再び運行することができるのです。

一時抹消登録は、長期旅行で自動車を使用しない期間が2〜3ヶ月ある時、また解体、紛失による廃車ではなく、商品用の中古車として保管する時、あるいは廃車するのか売却するのかを迷っている場合に、とりあえず抹消登録だけでもしておきたいという時に行います。

一時抹消登録は手続きの手間がかかりますが、その間、税金の支払いをストップできるメリットがあります。その期間が長期に渡る場合は、税金と言ってもバカにはできません。そして自動車がかなり古い場合、査定の時に思った値がつかなかった場合を想定すると、やはり税金の重さを軽視することはできません。一時抹消登録と永久抹消登録との違いというのは、再登録できるかどうかがポイントになります。一時抹消登録の場合は同じ車で再登録可能ですが、永久抹消登録の場合は同じ車で再登録はできません。

関連エントリー
永久抹消登録について
一時抹消登録について
抹消登録に必要な書類
抹消登録手続きの流れ