トップページ > 廃車の買取について

廃車の買取について

廃車を買取る業者は、リサイクル法の成立により、自動車もリサイクルされることが義務付けられるようになったことから必要とされています。廃車にする場合には、解体費などの費用がかかるケースがあります。一時抹消登録の場合は解体の必要がないので料金はかかりませんが、永久抹消登録の際には解体費用が必要になります。解体費用は大体5000円から1万円くらいが相場のようです。それほど高額な費用ではありませんが、余計な出費と言えば言えないこともありません。

こうしたことから、沢山の人がよく利用するのが、廃車の買取になります。最近では再生技術も発達したことから、かなりボロボロでガタがきて使い物にならないような車でも、リサイクルが可能になっています。事故車の場合でもリサイクルによって使用できる部品はあるからです。解体費用が気になる人は、廃車の時、解体業者に依頼するのではなく廃車の買取を業者に依頼するのもいいかもしれません。

中古車販売業者などは使用できなくなった中古車や、老朽化した自動車を引き取ることが仕事になります。そうしたことから、原型をとどめていないようなひどい自動車を除いては、買い取ってもらえる可能性があります。買取によっては、10万円以上の値段がつく場合もあるので、すぐに解体業者に頼むではなく一度廃車の買取を検討してみるのもいいでしょう。もし費用面でほとんど足しにならない場合には、解体業者に頼めばいいことです。無料で買取査定をしてくれるので、試してみる価値はあるでしょう。

関連エントリー
廃車の際にローンがある場合
所有者が亡くなった時の廃車手続き
事故車の廃車について
廃車の買取について
廃車の際の業者の選び方
いつか買いたい。