トップページ > 所有者が亡くなった時の廃車手続き

所有者が亡くなった時の廃車手続き

最悪の事態として、所有者が亡くなった時の廃車の手続きはどのようにすればいいのでしょうか。交通事故では所有者が亡くなるケースもよくあるので、その際、廃車にする必要があります。自動車は事故で破損して価値がなくなったとしても、所有者が亡くなった場合は故人の遺品としてとらえられます。要するにその自動車は財産とみなされます。すなわち他の財産と同等に扱われ、遺産相続と同じように移転登録を行なわなければなりません。

自動車をどのように処分するにせよ、この移転登録の手続きは必要になります。そして遺産の取り扱いについて家族で話し合う必要があります。相続に関与する人たちで話し合いが決まって廃車が決定した時は、全員が印鑑登録をして、印鑑証明を取得します。普通の廃車処理と同様、印鑑登録で登録した実印を遺産分割協議書に捺印すれば、問題なく処理することができます。

この手続きの流れからわかるように、所有者である名義人が亡くなった時は、他の人が変わって名義人にならなければならないのです。難しい手続きではないのですが、所有者が亡くなったことを証明する戸籍謄本を用意しなければなりません。また陸運局に出向き、ナンバープレート、解体移動報告番号、車検証などを持参しなければなりません。一時抹消登録をする場合は、遺産分割協議書と戸籍謄本、そして印鑑証明書が必要で、それ以外に委任状2通と名義人になる人の印鑑証明書も用意する必要があります。

関連エントリー
廃車の際にローンがある場合
所有者が亡くなった時の廃車手続き
事故車の廃車について
廃車の買取について
廃車の際の業者の選び方
いつか買いたい。