トップページ > 廃車の際にローンがある場合

廃車の際にローンがある場合

廃車の際にトラブルがあると色々と面倒なことになりかねないので、用心しなければなりません。廃車でよくあるトラブルの1つにローンがあります。基本的に廃車時にローンが残っているケースでは廃車することはできません。例えば、車両のローンがまだ残っている間に自動車事故を引き起こしてしまった場合、どうしても車両を廃車にしなければならなくなる場合があります。この時にローンがある場合には、どのように廃車手続きをすればいいのでしょうか。

ローンが残っている場合、ローン会社やディーラーが車検証の所有者名義になっています。廃車手続きの基本は、所有者本人が行うことが要求されます。そこで所有権をまず解除する必要があります。所有権解除の処理を完了させないと廃車できないことになります。そして所有権解除のためには、クレジット完済が余儀なくされます。要するに残債ゼロにしなければなりません。

廃車の手続きは本人が所有権を有しないとできません。本人が所有権を有しない場合、所有権解除が必要ですが、解除するにはクレジット会社の承諾を受けなければなりません。もちろん全て完済した時は必要ありません。クレジット会社の承諾を受けるには、車両の解体が必須で、解体している条件が必要になります。クレジット会社の承諾は、事故で車両が破損したケースでは受けることが可能です。しかしこの場合、ローンは払い続ける必要があります。車両解体後も引き続きローンの支払いは必要になります。

関連エントリー
廃車の際にローンがある場合
所有者が亡くなった時の廃車手続き
事故車の廃車について
廃車の買取について
廃車の際の業者の選び方
いつか買いたい。