トップページ > 永久抹消登録について

永久抹消登録について

永久抹消登録というのは、道路運送車両法に基づく廃車の手続きを指します。永久抹消登録は、車両が解体されることが前提になっているのが大きな特徴になります。そして一度登録を抹消した自動車については、二度と再登録することはできません。しかし、運行以外に使用する場合、例えば倉庫で保管することはできます。また日本国内においては運行不能になるのですが、輸出に関してはできるようになっています。輸出する時は、輸出抹消仮登録証明書の発行が必要になるので注意してください。

永久抹消登録は、一時的に使用できない、あるいはしない状態にするケースである場合の一時抹消登録とは違い、永久抹消登録の場合、自動車解体による半永久的に自動車を使わない状態になり、一般的に廃車をする場合は、永久抹消登録の形を取ります。永久抹消登録で廃車にする場合は、同じ車での再登録はすることができません。すなわち、自動車を解体しなければならないのです。そして解体する際に業者を探さなければならない手間や費用については、運輸局で行う廃車の手続きとは別のものであることに注意しなければなりません。

もっと細かく言えば、自動車を使わなくなる状態と言うのは、何も解体や売却に限ったことではありません。これらの廃車の形は自らの意思をもって行われるものですが、紛失などのケースで自動車を使用できなくなる場合もあります。紛失で使用できなくなった場合も、永久抹消登録が必要で、滅失・用途の廃止とされます。

関連エントリー
永久抹消登録について
一時抹消登録について
抹消登録に必要な書類
抹消登録手続きの流れ