トップページ > 廃車とは

廃車とは

廃車というのは、自動車が本来あるべき姿を全うすることができなくなった時の呼び方で、要するに自動車の所有者が登録を抹消し、ナンバープレートが取り外された状態の車のことを言います。自動車の役割は、人やものを運ぶことになります。自動車の用途は色々ですが、色々なものを積載しているのが自動車であり、またトラックのように大量のものを積載する種類もあります。自動車の一般的な用途としては、人を乗せるという使い方でしょう。

自動車は人が乗車していないと元来動かないものなので、その自動車が本来の働きを失ったときは当然、処分しなければならなくなり、廃車の形をとらなければなりません。廃車にする際には、必要な書類を揃えなければなりません。廃車にするか否かは、基本的には所有者自身が決めるものです。例えば、車検が切れたときに廃車にしたり、事故によって破壊されてしまったから廃車にするなど、その選択は色々です。

廃車にするには、永久抹消登録と一時抹消登録の2つの方法があります。いずれを選択しても自動車を廃車にすることに変わりはありません。簡潔に言うと、廃車というのは使用できなくなった車を指します。もちろん廃車と言えども、車を路上に捨てる行為はいけません。それが認められたら、廃車で町中が溢れるでしょう。やはりきちんと法律に従って廃車をしなければなりません。一般的に行われている廃車の方法は、陸運局で手続きを行う永久抹消登録になります。

関連エントリー
廃車とは
廃車に要する費用
リサイクル法とは
廃車手続きの場所
廃車の所有権について
自動車再登録とは